美白化粧品@なぜ私は肌に自信が持てるようになったのか?

美白化粧品は毎日使用することに意味がある

化粧品は季節に合わせて使い分けるものというスタンスで、夏の日差しの強い時期にだけ、美白化粧品を使用するという人も少なくないかもしれません。

 

日に焼けやすい時期だからこそ、美白化粧品を活用してその影響を和らげようというのは、定義の上では確かに効果的なことです。

 

しかし美白化粧品は、同じく夏にだけ使用されやすい日焼け止めと違って、強い日差しの影響に直接作用するものではありません。

 

日焼けしてダメージを受けた肌に、有効となる保護成分を与えて回復させる効果を持つ美白化粧品は、本来オールシーズンの使用が推奨されるものです。

 

夏の肌が最も日焼けによる影響を受けるのは当然として、その大きすぎる影響はその後の秋にも引き継がれ、乾燥によって肌のバリア機能が低下しやすい冬に、積もり積もったダメージが現れるという長いサイクルが、紫外線による変化の特徴です。

 

夏に美白化粧品を使用するスタイルでは、変化の一部分しかカバーすることができません。

 

秋に冬に春にと、一年を通して美白化粧品を使い続けることで、肌は白さを保てるというものです。

 

日差しが和らいだとしても、美白の為の闘いが終わりを告げたわけではありません。

 

ダメージ後のケアこそ美白化粧品の性能が生きるところです。

 

美白化粧品ランキング@シミもくすみも対策@本気美肌

シミ対策に有効な美白化粧品

 

女性なら誰もが白くてシミ一つない綺麗な肌に憧れを抱いています。

 

といっても降り注ぐ紫外線から肌を守るのは大変ですし、どんなに対策をしても日に焼けてしまったりシミやソバカスは発生をしてしまいます。

 

また、肌のターンオーバーが乱れてしまいがちな忙しい現代人は、通常なら薄くなり剥がれ落ちていくメラニン色素も肌に留まってしまいがちです。

 

そこで、肌に働きかけてシミを撃退するのに有効なのが、美白成分を取り入れた美白化粧品の存在です。

 

美白化粧品には主に三つの働きがあるものに分類することができます。

 

まずはシミの原因になるメラニンが作られるのを防ぐ働きのあるものです。

 

メラニン生成の過程を阻止するために、チロシナーゼと言われているシミの元となる成分の働きを抑制する効果があるものがあります。

 

二つ目は、できてしまったシミに対して働きかける効果のある美白化粧品です。

 

ターンオーバーで排出されるはずのメラニン色素が肌に残ることで発生するのがシミですので、ターンオーバーを促すことでシミを薄くしていきます。

 

三つ目はシミの生成そのものを抑制する美白化粧品です。

 

メラノサイトにメラニンを生成するように働きかける情報伝達を遮断する効果のあるものがあります。

 

自分はどういった効果を美白化粧品に求めているのかをよく考えてから、選ぶようにしてみてください。

美白化粧品に配合されている成分

 

美白化粧品と呼ばれるものは医薬部外品に分類されます。

 

医薬部外品は厚生労働省が認可した成分について効果効能を謳うことができます。

 

美白を謳える有効成分にもいくつか種類があります。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCを安定化して浸透性を高めた成分です。

 

抗酸化作用があり紫外線から肌を守ってくれます。

 

メラニンの生成にはチロシナーゼという酵素がかかわっているのですが、ビタミンC誘導体はチロシナーゼの働きを抑制して、メラニンの生成を抑制します。

 

アルブチンにもメラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

コケモモから抽出される成分です。

 

トラネキサム酸は止血や抗炎症に使われていた成分ですが、美白効果も発揮します。

 

プラスミンという成分には凝固した血液を溶かす働きがありますが、異常に活発になると出血が止まらなくなります。

 

プラスミンは紫外線で活性化して炎症を起こします。

 

トラネキサム酸には抗プラスミン作用があり、炎症を抑えてシミやそばかすを防ぎます。

 

プラセンタはさまざまな美容効果が注目されている成分ですが美白にもよいです。

 

メラニンの生成を抑制する働きと、代謝を活発にする働きがあります。

 

代謝が活発になることでメラニンの排泄が促されます。

 

美白化粧品にはこのような成分が配合されています。